公開日: 2019年5月19日 - 最終更新日: 2020年5月8日

就職活動における売り手市場・買い手市場とは

株式会社東洋 編集部株式会社東洋 編集部
  • シェア
  • twitter

お元気様です!

株式会社東洋の山川です!

 

就職活動中の方でなくとも一度は耳にしたことがあるであろう

『売り手市場』『買い手市場』。

2019年卒の就職活動は『売り手市場』だったとのことですが、

就職活動における○○市場というのは、学生側・企業側の

どちらが有利なのかで売り手・買い手市場が変わると言われております。

今回はその『売り手市場・買い手市場』についてお話しさせていただきます!

 

1.売り手市場・買い手市場とは

2.売り手市場だと安心??

 

 

売り手市場・買い手市場とは

 

まず「売り手市場」「買い手市場」とはなにかをお話しさせていただきます。

 

学生が自身を企業に「売り込む」ので「売り手」、そして企業は才能のある学生を「買う(採用する)」側なので「買い手」となります。

 

そして売り込みやすい(買ってもらいやすい)状況であることを「売り手市場」と言い、

学生がなかなか就職活動が難航している(買ってもらいにくい)、企業(買い手)優位の状況が「買い手市場」です。

今現在(2019年)、日本の企業が人手不足となっており、企業側が人材を求めている・活動中の方が

売り込みやすい『売り手市場』になっているといわれています。

 

 

 

売り手市場だと安心?

では、活動中の方が売り込みやすい(買ってもらいやすい)「売り手市場」なら安心かと言われるとそうではありません。

買ってもらいやすい=沢山の活動中の方が集中して応募する→門が狭くなることになります。

大手企業や人気企業なら更に競争が激しくなると思います。

ですので、売り手市場だからといって油断していると、活動が難航してしまう恐れがあるので、

決して油断せず、徹底的に売り込んでいきましょう!

 

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
株式会社東洋 編集部

株式会社東洋 編集部

株式会社東洋からのお知らせを発信してまいります。