公開日: 2019年5月3日 - 最終更新日: 2020年5月8日

新入社員が抱える悩み 会社で悩みが出てきた時の対処法とは

株式会社東洋 編集部株式会社東洋 編集部
  • シェア
  • twitter

お元気様です!

株式会社東洋の山川です!

新入社員の方が入社されて、早1ヶ月が経ちます。

1ヶ月もすると、仕事の難しさや人間関係の難しさ等で悩みを抱える新入社員も多いと思われます。

この記事ではこの時期新入社員の方が抱えやすい悩みとその対処法についてお話させて頂きます。

 

目 次

1.どんな悩みが多いのか

2.新入社員が抱える悩みランキング

3.悩みの対処法

4.もし離れたくなってしまったら

 

どんな悩みが多いのか

新入社員の方が抱える悩みは非常に多くの種類があります。

仕事の適応力であったり、自身の忍耐力があまりないなど理由は様々ですが、これが早期に離れてしまう原因にもなっているため、予め対処法も考えておかなければなりません。

今回はその中でも特に多い悩みを紹介させて頂き、対処法についてお話させていただきます。

新入社員が抱える悩みランキング

第3位:人間関係の難しさ

プライベート・仕事の面も含めて、人間関係の悩みは多いです。人間関係は自身と相手の相性の問題もあるので、どこへ行っても難しいと感じる人は現れます

プライベートの人間関係であれば、嫌な人には近づかなければいいだけなのですが、会社・仕事関係となるとそうはいきません。嫌な人ともうまく付き合っていかないと仕事はできないからです。

上司の方に理不尽に怒られたりしたら、その上司に苦手意識を持つことになります。

相談できる相手がいない・・・」というのも悩みのひとつになるでしょう。

 

第2位:仕事でのミス・仕事の難しさ

入社したての頃、部署配属されたばかりの時は、覚えることはたくさんあります。

会社がしっかりと仕事を教えず、実践から入る場合も稀にあります。

慣れないうちはミスを犯すのは仕方がないことですが、『ミスをすることを極端に恐れる新入社員』もいます。ミスすることで自信をなくしてしまい、「自分は仕事ができない」といったマイナス思考に陥ってしまうからです。

叱られることを恐れてプレッシャーで精神を病むことがあります。

仕事ができないという悩みには、仕事のレベルと、社員の方の能力が一致していない場合も考えられます。

 

第1位:イメージしていた仕事と違う

新入社員の方の悩みで一番多いのは、「想像していた仕事内容と違う」ということです。

定時で帰れる仕事だと期待していたら思っていたよりも残業が多かったり、営業部に配属されると思ったら事務に回されたりなど、理想や想定と違うと思うことは入社後にたくさん経験すると思います。

就職活動をしているときに自己分析もし、自分に向いている業界であったとしてもこのような

理想と現実のギャップ」に悩む新入社員は少なくないようです。

この悩みは時間の流れとともに解消していく場合もあれば、会社を辞めない限りはどうにもならない場合もあります。

 

悩みの対処法

3位の『人間関係の難しさ』の対処法からお話させていただきます。

人間関係で多い悩みが、「価値観が合わない」というのが多いです。

人の価値観は人それぞれですので、他人は他人、自分は自分と割り切ることが大切です。

円滑な人間関係を送るうえでも挨拶は大切です。苦手意識がある人だからといって距離を置こうとすると、その人の考え方や価値観を理解することが困難になり、ますます苦手意識が高まっていきます。

そのため、基本的なことですが挨拶はとても大切です。朝会社であった時に「おはようございます」と挨拶をすることだけでも人間関係のハードルはグッと下がります。

 

続いて第2位の『仕事でのミス・仕事の難しさ』の対処法についてお話させていただきます。

ミスをしたとしても程度にもよりますが「仕事にミスはつきものだ」と割り切って、重く受け止めないようにすることが大切です。

むしろ成長する機会になったとプラスにとらえましょう。しかし、一度犯したミスはきちんと分析し、二度と犯さないようにする必要があります。 基本的なことですが、メモをとることが重要です。

教わったことはいつでも復習できるようにメモをとる習慣をつけましょう。

ミスしながらでも成長していく自分をイメージすることも大切です。

 

最後に1位の『イメージしていた仕事と違う』という悩みの対処法についてお話させていただきます。

 

転職を考える人で多いのがこの悩みですが、すぐ会社を辞めるのは得策とはいえません

むしろ後悔としてのしかかってくる可能性が大です。冷静になって、その違和感を確かめにいく姿勢が大切です。

 

自身の行っている仕事が、外部・内部にどのような影響を与えているのかを認識するのも大切です。

影響を認識することで、自分の仕事の「やりがい」を見つけることができるはずです。

自分が世の中で役に立っていること、貢献していることを想像してみましょう。

より具体化するためには、紙とペンで書き出してみるのがよいでしょう。自分の仕事の意義を明確化しておくと違和感の解決につながると思います。

 

もし離れたくなってしまったら

それでも悩みを解決できずにいる場合(離れたくなってしまったら・・・)はどうすればいいのでしょうか?

理由にもよりますが、「単に上司とそりが合わない!」や「仕事を覚えるのが難しい・・・」という理由で退職を考えるのであれば、冷静になってもう少し考えてから決断しましょう。

転職してもまた同じことを繰り返す可能性もあります。

嫌なことを避けてばっかりいると逃げることが癖になってしまいます。会社を辞めたいと思った場合は、それが自分の逃避癖からきているものであるかどうか見直してみましょう。

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
株式会社東洋 編集部

株式会社東洋 編集部

株式会社東洋からのお知らせを発信してまいります。