公開日: 2019年7月20日 - 最終更新日: 2020年5月8日

真夏の就職活動!失敗しないスーツマナー

株式会社東洋 編集部株式会社東洋 編集部
  • シェア
  • twitter

お元気様です!株式会社東洋の山川です!!

本格的に夏になり、暑い日が続いています…

夏の日差しの中、スーツで歩き回るのは中々辛いですよね…

クールビズが浸透してきたとはいえ、就活中の方は夏の就活で「どこまで軽装が許されるの?」

なんて気になっていませんか?

そこで今回は夏の就活の疑問についてまとめてみました!

夏の就活の疑問を解決し、面接を快適に、かつ好印象を残すために、参考にしていただければ幸いです。

 

目 次

1.就職活動の服装
2.夏場の就職活動の服装
3.夏用のスーツについて
4.インナーはどうすれば?
5.まとめ

 

 

就職活動の服装

まず基本的な就活生の服装についておさらいします。

就活の服装と言えば【リクルートスーツ】ですが、リクルートスーツに明確な定義はなく一般的に面接にふさわしい服装を指しています。

の無地スーツ】+【長袖シャツ】+【黒い革靴とバッグを合わせればほぼ問題ありません。

中には、「就活の服装もオシャレを楽しみたい!」「個性を出して他の就活生と差をつけたい!

という方もいるかもしれません。

ですが、先述したような服装であれば、服装でほぼ落とされることは無いと思いますし、無地のスーツだからこそ、あなたの中身の個性が引き立つと考えることも出来ます

オシャレなスーツは入社後の楽しみにして、面接は無地のスーツで臨みましょう。

ちなみに無地の黒スーツは、冠婚葬祭に使えるというメリットもあります!

夏場の就職活動の服装

夏の就活ではどこまで軽装が許されるのか?という問題には、

・企業から事前にクールビズについて指示があった場合
・特に指示がない場合    

2パターンがあります。

結論から言うと、どちらの場合も長袖シャツ+ネクタイ、ジャケット着用で臨むのが良いと思われます!

ジャケットを持ち合わせていればクールビズ指定でも、

「いざ会場につくと自分以外の就活生はジャケットを着ていた!」といった時にも

柔軟に対応できますよ!

もし企業からクールビズの指定がない場合(私服指定等)は、もちろん【失礼のない格好】で行くのが望ましいです。

熱中症にならぬよう、会場に着くまでは、ジャケットは手で持ち歩くことをおすすめします!

またマナー違反となってしまいますので、半袖シャツは着用NGです。

スーツは袖からシャツが見えていることがポイントなので、長袖を着ていないと印象が悪くなります。

また面接官に、「暑いでしょうからジャケットはお脱ぎ下さい」と言われることもあります。

脱いだらシャツが半袖だった、ということのないようにしましょう。

 

夏用のスーツについて

夏用スーツと通常のスーツ(秋冬春スリーシーズン向け)の大きな違いは

【生地の織り方】と【素材】です。

一般的に夏用スーツは、生地が薄く軽いもの、織り方は粗いものとされています。

他にも仕立てなど微妙な違いはありますが、型自体の違いはほとんどありません。

また家庭で丸洗いできるスーツも販売されているので、おススメです☆

 

インナーはどうすれば?

汗をかいても快適に過ごす為に、シャツの下にはインナーを着用しましょう。

首回りが襟からはみ出ないVネックのものがオススメですよ。

脇汗が気になる方は、脇汗パッドや汗取りパッド付きインナーを活用しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま と め

いかがでしたでしょうか?

最近ではクールビズに寛容・私服指定をする企業もあります。

やはり企業間でばらつきが見られます。

印象が重要な就活の面接においては、夏でも他の季節と同様

長袖シャツ+ジャケット、ネクタイ着用で臨むと安心です。

☆ジャケットは到着直前に着る(シワにならないようもって行く

☆早めに出発して室内で涼む

などの暑さ対策も試してみて下さい★

 

皆様の夏の就職活動のお力になれればと思います!

閲覧いただきありがとうございます。

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
株式会社東洋 編集部

株式会社東洋 編集部

株式会社東洋からのお知らせを発信してまいります。